メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  医師はその時パニックかも!

寄稿 寄稿

医師はその時パニックかも!

薬剤師からの疑義照会(Pharma Tribuneから転載)

獨協医科大学埼玉医療センター こころの診療科 井原 裕

 2020年01月28日 05:05
プッシュ通知を受取る

72名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 Illustration:kazuto hashimoto

 今回は「医者の言い訳だ」と思って、お読みください。疑義照会を受ける医師はこんな状況にある、という話です。

 電話はたいてい、不都合なタイミングでかかってきます。診療の真っ最中でパニック状態か、一日の外来が終わり力尽きているかです。以下に外来の日常をご紹介いたします。これは精神科医の場合です。

 精神科医がドラマに出てくるシーンは、静かな室内、穏やかな物腰の医師、患者さんはゆったりとした時の流れに身をまかせ、切々と自らの内面を語る、こんな感じですが、これは全くの虚構です。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  医師はその時パニックかも!

error in template: found but mtif was expected