メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  新年特集 »  新年特集(後編)2030年の医療はこうなる〈読者予想〉

新年特集 新年特集

新年特集(後編)2030年の医療はこうなる〈読者予想〉

認知症医療 今後10年でプレクリニカルの診断・治療が可能に

 2020年01月30日 14:29
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 2016年版高齢社会白書によると、65歳以上の高齢者における認知症患者数は2012年に462万人、7人に1人を占めていたが、2025年には約700万人、5人に1人に増加すると見込まれている。今回は10年後の認知症医療について、Medical Tribuneウェブ版医師会員を対象にアンケートを行った。その結果、今後10年間で症状が出始める前からの診断、症状の改善、進行抑制の可能性への期待が多く寄せられた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  新年特集 »  新年特集(後編)2030年の医療はこうなる〈読者予想〉

error in template: found but mtif was expected