メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  アドレナリン投与で自己心拍再開率高く

解説 解説

アドレナリン投与で自己心拍再開率高く

京都府立医科大学救急医療学教室 松山匡

 2020年01月31日 18:14
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

【編集部から】総務省消防庁の全国院外心停止患者登録データから小児(8〜17歳)の院外心停止患者を対象に、時間依存性傾向スコア連続マッチング解析法を用いて院外心停止後のアドレナリン投与の有効性を検討したところ、アドレナリン投与群で自己心拍再開率が高いことが示された(J Am Coll Cardiol 2020; 75: 194-204)。今回の研究について、筆頭研究者である京都府立医科大学救急医療学教室の松山匡氏に解説してもらった。(関連記事:小児院外心停止へのアドレナリン投与は有効

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  アドレナリン投与で自己心拍再開率高く