メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  Drip & driveで迅速アクセス、最良の転帰を

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

Drip & driveで迅速アクセス、最良の転帰を

ドイツの脳卒中診療システム

 2020年02月07日 05:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:注目されてこなかった第3のパラダイム「drip & drive」

 大血管閉塞(large vessel occlusion:LVO)による急性虚血性脳卒中患者では、静脈内血栓溶解療法(intravenous thrombolysis:IVT)に加えて血管内治療(endovascular therapy:EVT)を行うことで転帰が向上する。そのため、いかにして両治療への迅速なアクセスを確保するかが課題となっている。

 これまで急性虚血性脳卒中患者に対する治療・搬送パラダイムとしては、EVT施行までの時間を短縮して包括的脳卒中センター〔comprehensive stroke center(CSC):24時間365日IVTとEVTが可能な施設〕に直接搬送する「mothership」と、患者をまず最寄りの一次脳卒中センター〔primary stroke center(PSC):24時間365日IVTが可能で、EVTの体制はあるが神経血管内治療専門医(interventionalist)が不在〕に搬送してIVTまでの時間を短縮し、EVTが必要な場合は最寄りのCSCに転送する「drip & ship」という2つが主に議論されてきた。しかし、第3のアプローチであるEVTに対応可能な神経血管内治療専門医を患者が搬送されるPSCに派遣する「drip & drive」パラダイムは注目されていなかった。

 今回、ドイツ北西部に在住する虚血性脳卒中が疑われる患者を対象に、「drip & drive」パラダイムによって最良の転帰が得られるかどうか、また、どのような条件下で最良の転帰が得られるかを解析した(Stroke 2020; 51: 275-281)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナで各種イベントが中止

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  Drip & driveで迅速アクセス、最良の転帰を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R02524086 有効期限:2月末まで