メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  「回復後もウイルスが見つかる」現象の意味

ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)

「回復後もウイルスが見つかる」現象の意味

新型コロナウイルス

神戸大学微生物感染症学講座感染治療学分野教授 岩田健太郎

 2020年02月28日 18:27
プッシュ通知を受取る

958名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:「ウイルス陰性化」をどう捉えるか

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についてはまだまだ未知のことがある。しかし、それは決して既存の微生物学、ウイルス学の常識を覆すようなものではない。今回はそのことを考えてみたい。

 それは、いわゆる「ウイルス陰性化」後のウイルスの振る舞いである。

Zhang W, Du R-H, Li B, Zheng X-S, Yang X-L, Hu B, et al. Molecular and serological investigation of 2019-nCoV infected patients: implication of multiple shedding routes. Emerging Microbes & Infections. 2020 ;9(1):386-389.

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

薬のデギュスタシオン2

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  「回復後もウイルスが見つかる」現象の意味

error in template: found but mtif was expected