メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  寄稿 »  ゲノム研究で感染症対策を

寄稿 寄稿

ゲノム研究で感染症対策を

痛風・尿酸財団理事長 鎌谷直之

2020年03月05日 05:10

9名の医師が参考になったと回答 

著しい多様性を持つHLA遺伝子  これまで理化学研究所は東京大学と共同し、多くの人々のゲノム解析を進めてきた。また、海外のゲノム研究者との共同研究も行ってきた。その最も大きな成果は、約30億個のゲノム配列が個人により、また集団により著しく異なるという事実を発見したことである。そして、その違いにより個...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  連載・特集 »  寄稿 »  ゲノム研究で感染症対策を