メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  日本でも脳梗塞患者でsmoker' s paradoxを否定

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

日本でも脳梗塞患者でsmoker' s paradoxを否定

 2020年03月06日 05:05
プッシュ通知を受取る

57名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:喫煙状況と急性虚血性脳卒中後の臨床アウトカムとの関連を検討

 喫煙は脳卒中の確立された危険因子であるが、脳卒中発症前の喫煙状況が急性虚血性脳卒中の臨床アウトカムに影響を及ぼすかどうかは不明であった。脳梗塞急性期の血栓溶解療法に関しては、非喫煙者と比べ喫煙者の方が予後良好であるとの報告が幾つかなされており、"smoker's paradox""smoking paradox""smoking-thrombolysis paradox""paradoxical association"などと呼ばれてきた。本当にこのような"paradox"があるのだろうか。

 今回、喫煙状況と急性虚血性脳卒中後の臨床アウトカムとの関連を解明することを目的に研究が行われた(Stroke 2020; 51: 846-852)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今日から飲食店などが原則禁煙に

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  日本でも脳梗塞患者でsmoker' s paradoxを否定

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R04524527 有効期限:4月末まで