メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  気胸に胸腔ドレーンを入れない時代が来る?

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

気胸に胸腔ドレーンを入れない時代が来る?

 2020年03月16日 16:03
プッシュ通知を受取る

87名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:日本の気胸診療はガラパゴス気味かも

 医師が遭遇する気胸には2種類ある。それは、胸腔ドレーンを入れなければならない気胸と、入れなくてよい気胸だ。有症状や虚脱率が大きい気胸は前者で、無症状や虚脱率が小さな気胸は後者、というのが世界標準であった。しかし、ここ数年、気胸の診療は大きく変わりつつある。実は、日本の気胸診療はいささかガラパゴス気味かもしれない。

 例えば、自然気胸患者73例に対して、初期治療としての穿刺吸引と胸腔ドレナージを比較した研究(BMJ 1994;309:1338-1339)によると、穿刺吸引だけで80%が治癒した。また、初回治療に穿刺吸引を行う場合と胸腔ドレーンを挿入する場合を比較した別の研究(Eur Respir J 2017;49:1601296)においても、穿刺吸引群では初回穿刺で半数が治癒し、2回目の穿刺を受けた人でも半数が治癒した。この研究では、最終的に胸腔ドレナージに踏み切ることになったのは全体の30%だったため、10人に7人が胸腔ドレナージを回避できたことになる。

 このように、胸腔ドレナージをできるだけ回避するという保守的なプラクティスが有効であることが示されているわけである。なお、私の知り合いの英国人医師も、総合病院で「胸腔ドレナージを入れない」選択肢を取ることが増えてきたと言っていた。

 今回紹介するのは、究極の保守的治療ともいえる「胸腔ドレナージはおろか穿刺脱気もしない」という選択肢を、なんとランダム化比較試験(RCT)で検討したものである(N Engl J Med 2020;382:405-415)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ感染者、日本はなぜ少ない

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  気胸に胸腔ドレーンを入れない時代が来る?

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R05524633 有効期限:5月末まで