メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  双極性障害が社会で認知されることを願う

寄稿 寄稿

双極性障害が社会で認知されることを願う

「世界双極性障害デー」に寄せて

日本うつ病学会双極性障害委員会委員長 加藤忠史

 2020年03月17日 05:10
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

患者が背負う3つの苦しみ

 米国ではbipolar disorderの認知度は高いが、日本ではいまだ「躁うつ病」というかつての疾患名を出さないと理解されないことが多い。「双極性障害」という疾患が知られていないために、発症しても患者自身や周囲が気付かず、医師もうつ病と考えてしまい、治療が遅れて、躁状態・うつ状態の再発を繰り返し、社会的ハンディキャップを背負ってしまう場合がある。また、この疾患を発症した患者が、症状そのものや治療薬の副作用による苦しみに加えて、疾患を理解されないという3つの苦しみを背負わざるをえないのが現状である。こうした現状を克服するため、2014年に、双極性障害などの精神疾患にかかっていたとされるゴッホの誕生日にちなみ3月30日が「世界双極性障害デー(World Bipolar Day)」と定められた。以来、毎年日本うつ病学会では「世界双極性障害デーフォーラム」を開いてきたが、今年(2020年)は残念ながら、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、中止を余儀なくされた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  双極性障害が社会で認知されることを願う

error in template: found but mtif was expected