メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  日英で異なる虫垂炎疑い小児へのアプローチ

解説 解説

日英で異なる虫垂炎疑い小児へのアプローチ

君津中央病院外科 須田竜一郎

 2020年03月24日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕英国では虫垂炎疑いで虫垂切除を受けた小児の約16%が正常な虫垂を切除されているとの研究結果がLancet Child Adolesc Health(2020年2月13日オンライン版)に発表された。君津中央病院(千葉県)外科の須田竜一郎氏に、今回の研究の意義と用いられたSheraスコアの評価などについて解説してもらった。(関連記事「虫垂炎疑いの小児で不要な手術の可能性」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今日から飲食店などが原則禁煙に

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  日英で異なる虫垂炎疑い小児へのアプローチ

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R04524694 有効期限:4月末まで