メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  重症川崎病の新治療薬、開発経緯を聞く

インタビュー インタビュー

重症川崎病の新治療薬、開発経緯を聞く

 2020年04月01日 16:35
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 今年(2020年)2月21日、厚生労働省は重症川崎病の新たな治療薬として、シクロスポリン(Cyclosporine A;CsA)の追加適応を承認した。同薬は千葉大学病院が医療法上の臨床研究中核病院として臨床試験・研究を支援するARO(Academic Resarch Organization)組織を構築し、実施してきたもので、この組織として医師主導治験を支援した最初の承認となる。研究グループの1人で同院臨床試験部教授の花岡英紀氏に詳しい話を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  重症川崎病の新治療薬、開発経緯を聞く