メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Trip to Hawaii »  ハワイに根ざした医学教育で医師不足解消へ

Trip to Hawaii Trip to Hawaii

ハワイに根ざした医学教育で医師不足解消へ

Medicalリポートfrom ハワイ②「医学教育」

 2020年04月03日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 米・ハワイ州で唯一、医学部を有するUniversity of Hawaii。同大学医学部のJohn A. Burns School of Medicine(JABSOM)は、問題解決型学習法(Problem-based learning;PBL)や地域医療、プライマリケア医療を中心にカリキュラムが構成され、海外との交換留学にも積極的に取り組んでいる。現役の臨床医を続けながら、主としてJABSOMのSimTiki Simulation Centerで初代センター長を務めてきた教授のBenjamin W. Berg氏に、ハワイにおける医学教育の目的や特徴、日本との医学交流について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  Trip to Hawaii »  ハワイに根ざした医学教育で医師不足解消へ