メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  脳卒中の予後を改善する救急車

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

脳卒中の予後を改善する救急車

メルボルン・モバイルストロークユニット

 2020年04月13日 05:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:再灌流療法への臨床的影響と障害の軽減を評価

 脳卒中に対する血栓溶解療法や血管内治療(endovascular thrombectomy:EVT)では、治療開始までの時間が短縮できれば予後が大きく改善することから、「Save a Minute, Save a Day(治療開始までの時間を1分短縮することで、命を1日延ばせる)」と言われている(Stroke 2014; 45: 1053-1058)。

 モバイルストロークユニット(mobile stroke unit:MSU、移動式脳卒中ユニット)は、迅速血液検査キット・薬剤・造影剤を装備し、集学的脳卒中チームが搭乗するCT搭載型脳卒中専門救急車で、脳卒中患者の病院前トリアージと早期治療を行うために世界中に広がっている。しかし、わが国ではまだ導入されていない。

 MSUによる早期血栓溶解療法開始の利点は十分に確立されているが、EVTおよび障害の回避に及ぼす影響についてはほとんど知られていない。今回、オーストラリア・メルボルンMSUの運用初年度における血栓溶解療法やEVTなどの再灌流療法への臨床的影響と障害の軽減について評価、報告された(Stroke 2020; 51: 922-930)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  脳卒中の予後を改善する救急車