メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

ホーム »  連載・特集 »  最新医療トピック »  IL-6阻害薬が重症COVID-19の切り札に?

最新医療トピック 最新医療トピック

IL-6阻害薬が重症COVID-19の切り札に?

トシリズマブ、サリルマブが治験開始へ

 2020年04月15日 17:45
プッシュ通知を受取る

55名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の主な死因の1つである急性呼吸窮迫症候群(ARDS)に、重篤な免疫過剰反応である「サイトカインストーム」との関連の可能性が指摘されている。免疫システムが暴走を起こす危険な現象だ。このサイトカインストームを伴う重症COVID-19肺炎などの治療薬として、関節リウマチ(RA)治療薬のインターロイキン(IL)-6阻害薬や骨髄線維症治療薬のJAK阻害薬が有望視されており、開発企業が国内外で臨床試験に乗り出すと公表した。重症例への救いの一手となるか、今後の動向に注目が集まっている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  最新医療トピック »  IL-6阻害薬が重症COVID-19の切り札に?