メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  2020花粉症対策 »  舌下免疫療法の副作用に対する懸念は小さい

2020花粉症対策 2020花粉症対策

舌下免疫療法の副作用に対する懸念は小さい

花粉症治療アンケート2020③

 2020年04月16日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 2018年6月、花粉症に対する舌下免疫療法(SLIT)の保険適用範囲が12歳未満の小児に拡大されて、およそ2年が経過した(関連記事「新規スギ花粉症免疫療法薬、6月下旬上市」)。定期的に花粉症に関するアンケートを行ってきたMedical Tribuneでは、今年(2020年)も1月下旬~2月上旬にウェブ医師会員を対象として調査を実施。SLITの導入が診療に及ぼした影響やSLITの懸念点などを探った。花粉症診療の専門家で日本医科大学大学院頭頸部・感覚器科学分野教授の大久保公裕氏の解説とともに、その結果を報告する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ感染者急増なのに、重症者が増えないのはなぜ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  2020花粉症対策 »  舌下免疫療法の副作用に対する懸念は小さい

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R07524807 有効期限:7月末まで