メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  キサンチンオキシダーゼと活性酸素の病理的意義

寄稿 寄稿

キサンチンオキシダーゼと活性酸素の病理的意義

痛風・尿酸財団理事長 鎌谷直之

 2020年04月17日 05:05
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 草野らは、キサンチンオキシダーゼ(XO)/デヒドロゲナーゼ遺伝子の改変マウスを作製し、その結果をNat Communに発表したので、内容を紹介する1この結果は、痛風や尿酸と関連がないように思えるかもしれないが、実は大きな意義を持つ重要な知見である。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  キサンチンオキシダーゼと活性酸素の病理的意義

error in template: found but mtif was expected