メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  キサンチンオキシダーゼと活性酸素の病理的意義

寄稿 寄稿

キサンチンオキシダーゼと活性酸素の病理的意義

痛風・尿酸財団理事長 鎌谷直之

 2020年04月17日 05:05
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 草野らは、キサンチンオキシダーゼ(XO)/デヒドロゲナーゼ遺伝子の改変マウスを作製し、その結果をNat Communに発表したので、内容を紹介する1この結果は、痛風や尿酸と関連がないように思えるかもしれないが、実は大きな意義を持つ重要な知見である。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東京、6月1日からステップ2に緩和」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  キサンチンオキシダーゼと活性酸素の病理的意義

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R06529982 有効期限:6月末まで