メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  結核と肺MAC症を胸部CTで見分ける秘訣

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

結核と肺MAC症を胸部CTで見分ける秘訣

 2020年04月24日 05:05
プッシュ通知を受取る

35名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:結核疑い例の中に潜む非結核性抗酸菌症

 当院(国立病院機構近畿中央呼吸器センター)には、いろいろな病院から結核疑いの患者が紹介されてくる。しかし、その中には非結核性抗酸菌(NTM)症だったという症例が少なからず存在する。NTM症には、Mycobacterium avium complex(MAC)やM. kansasiiなど複数の原因菌が存在し、それぞれ微妙に患者背景や画像所見が異なる。

 例えば、肺MAC症は結核と違って中葉・舌区に陰影をつくりやすく、やせた女性に多い。肺M.kansasii症は、喫煙している男性の上葉に結核と類似の陰影をつくりやすい。

 一方、放射線科医や呼吸器専門医が胸部画像上「結核らしい」と思っていても、そうでなかったというケースは往々にしてある。

 今回紹介するのは、胸部画像検査で結核と肺MAC症が鑑別できるかどうか、というチャレンジングな論文である(Respir Investig 2020年2月23日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  結核と肺MAC症を胸部CTで見分ける秘訣

error in template: found but mtif was expected