メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  第二波が防げる条件、広がる条件

ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)

第二波が防げる条件、広がる条件

 2020年05月01日 05:00
プッシュ通知を受取る

69名の先生が役に立ったと考えています。

GettyImages-614744186.jpg

© Getty Images ※画像はイメージです

研究の背景:第一波は抑え込める可能性があるが、第二波は?

 自身の研究である。度々宣伝をして申し訳ないが、論文を出すからには多くの方に読んでいただくことこそ大事なので、ご理解ください。

 これは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックで一躍有名になった「数理モデル」を活用したものである。慣れていない場合は、やや解釈がしんどいかもしれない。ここも重ねてご理解をお願いする次第である。

 本研究は中国の武漢でCOVID-19が流行していたとき、「日本に持ち込まれたら、果たして流行は抑えられるか」という疑問を基に行ったシミュレーションだ。完成して投稿したのが2月16日。日本では入国者によるクラスターが徐々に発生し始めていたころである。その数日後に、まさかダイヤモンド・プリンセス号の「事件」に巻き込まれるとはこのときは想像すらしていなかったのであるが、それは本稿とは関係ない。関心のある方は、拙著『新型コロナウイルスの真実』(ベスト新書)をご覧ください。COVID-19に関するデマ、フェイクは数多いが、この件でもフェイクでかなり痛い目にあったので・・・。

 閑話休題。

 で、既にパンデミック状態になり、日本のほとんどの都道府県で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染が拡大している本稿執筆時点(2020年4月24日)、こんな論文が何の役に立つのか?と訝しむ向きもあるだろう。

 しかし、実はあるのだ。この問題は常に先手、先手で先のことを考えておかねばならない。現在、日本は緊急事態宣言下にある。まだ、東京は感染が抑え込めているとは言えない状況だが、地域によっては新規患者数が減っている。例えば、僕が住む兵庫県や大阪府だ。よって、流行の第一波はうまくすれば抑え込めるかもしれない。少なくとも地域によっては。

 が、パンデミックは一地域の流行終了だけでは終わらない。地球上全ての地域での流行を抑え込まねばならないのが、パンデミックの難しいところだ。既に「第一波」を乗り越えた中国や韓国、そして日本の北海道でも、「第二波」がやってきている。第二波対策も重要な問題で、準備は「今」行わねばならない。

 よって、われわれのシミュレーションもまだ存在意味があるのだ。ぜひ、活用していただきたい。

Iwata K, Miyakoshi C. A Simulation on Potential Secondary Spread of Novel Coronavirus in an Exported Country Using a Stochastic Epidemic SEIR Model. Journal of Clinical Medicine.2020 Apr;9(4):944.

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

薬のデギュスタシオン2

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  第二波が防げる条件、広がる条件

error in template: found but mtif was expected