メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  コロナウイルスが教えてくれたこと

寄稿 寄稿

コロナウイルスが教えてくれたこと

江角悠太(志摩市民病院院長)

 2020年05月08日 05:00
プッシュ通知を受取る

42名の先生が役に立ったと考えています。

都会に憧れていた理由、忘れちゃったね:田舎の豊かさ、快適さ

 東京に住んでいたときはさほど抵抗がなかったが、大学の入学で三重に来て、たまに東京に帰ると、どこを歩いていても人に当たる、人を避けなければ歩けない、電車は気持ち悪くて乗る気にならない、最高にストレスフルになった。雨が降ればタクシーは1時間待ち、週末の買い物は駐車場に入るのに1時間待ち。

 現在、私が勤める志摩市民病院のある三重県志摩地域では、新型コロナウイルスの流行により観光業が多大な被害を受けている。第一次産業従事者も観光客向け、都会向けの魚介類や農作物が余って売れない状況だ。しかし、その分地元で消費することができるようになってきている。たとえ物流が止まったとしても、食材に溢れている。

 また、ゲストハウスを運営している私の友人なんかは、最近子供が生まれさぞ大変だろうと思っていたら、

「お客さんが全然来なくて困ってますよ」と言いながら笑っている。

 今度は海女さんを始めるらしい。そもそも普段から生活コストがほとんどかかっておらず、食べるものは採るかもらうかすればいい。

 普段から隣よしみで助け合って暮らしているのだ。

 海岸を歩き、疲れたら堤防に座って、波を見つめる。山を散歩し、疲れたらベンチに座って鳥の声に耳を傾ける。 なんと豊かなことだろう。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  コロナウイルスが教えてくれたこと