メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  最新医療トピック »  COVID-19の治療薬、副作用で選別進む可能性

最新医療トピック 最新医療トピック

COVID-19の治療薬、副作用で選別進む可能性

選択薬が5製剤に拡大へ

 2020年05月20日 18:30
プッシュ通知を受取る

47名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をめぐり、治療薬の開発が加速している。5月初めに国内初の治療薬として承認されたレムデシビル(製品名ベクルリー)に続き、今月中にはファビピラビル(アビガン)の承認取得も見込まれている。ただ、ファビピラビルについては5月20日時点で、国内の臨床研究で明確な有効性が示されていないといった報道もあり、先行き不透明感も出てきた。その一方で、安倍晋三総理大臣が5月14日の記者会見で、膵炎治療薬ナファモスタット(フサン)、IL-6阻害薬トシリズマブ(アクテムラ)、抗寄生虫薬イベルメクチン(ストロメクトール)についても「有効性が確認され次第、早期の薬事承認を目指す」と明言したことから、近い将来、治療薬の選択肢が広がりそうだ。開発中の治療候補薬は現時点で10種類前後あり、治験や臨床研究の集積とともに副作用の情報も蓄積されており、それによって臨床導入後に選別や集約が進む可能性もある。使用上の注意点や懸念される副作用について考察した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  最新医療トピック »  COVID-19の治療薬、副作用で選別進む可能性