メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  "HDL-C上昇薬"に生き残りの道は?

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

"HDL-C上昇薬"に生き残りの道は?

CETP阻害薬dalcetrapibに糖尿病発症抑制の報告

 2020年06月03日 05:15
プッシュ通知を受取る

22名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:既報の心血管アウトカム試験の結果は芳しくない

 以前、コレステロールに関する"The Lower, the Better"(コレステロール値は低ければ低いほど良い)という概念に合致しない報告として、CETP阻害薬evacetrapibについての論文をご紹介したことがある(N Engl J Med 2017;376:1933-1942、関連記事「"HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解」)。

 CETPとはcholesteryl ester transfer proteinの略であり、HDL中のコレステロールを引き抜いて、VLDLやLDL中の中性脂肪と交換する蛋白質である。これを阻害することにより、HDL-Cを高値に保ち、一般にはLDL-Cを低下させることができる。

 しかし現在まで、CETP阻害薬の心血管アウトカム試験ではあまり芳しい結果が出ておらず、The lower, the betterの原則から外れており、少なくともわが国において市販されているCETP阻害薬はない。

 そんな中、CETP阻害薬dalcetrapibにより糖尿病発症が抑制されていたというdal-OUTCOMES試験のサブ解析結果が米国糖尿病学会の機関誌に報告された(Diabetes Care 2020;43:1077-1084)。今後、CETP阻害薬に生き残りの道があるかどうかは不明であるが、脂質プロファイルと心血管疾患との関係性、あるいは脂質プロファイルと血糖との関係性を明らかにする上で注目すべき薬剤カテゴリーであると考え、ご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京でコロナ患者急増、対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  "HDL-C上昇薬"に生き残りの道は?

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R07530438 有効期限:7月末まで