メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  【第25回】小細胞肺がんの治療選択肢にナブパク?

田中きゅーと先生論文解説 田中きゅーと先生論文解説

【第25回】小細胞肺がんの治療選択肢にナブパク?

川崎市立川崎病院呼吸器内科医長 田中 希宇人 氏

 2020年06月04日 06:00
プッシュ通知を受取る


【論文名】Nab-paclitaxel Monotherapy for Relapsed Small Cell Lung Cancer: Retrospective Analysis and Review

【出典】Anticancer Res 2020; 40: 1579-1585

 第25回の論文レビューとして取り上げるのは海南病院(愛知県)からの報告で「Nab-paclitaxel Monotherapy for Relapsed Small Cell Lung Cancer: Retrospective Analysis and Review」です。はじめに断っておきますが、小細胞肺がんに対してナブパクリタキセル(アブラキサン®)は適応がありません。ただ小細胞肺がんは免疫チェックポイント阻害薬が使用可能になったとはいえ非小細胞肺がんに比べて治療選択肢が限られており、特に一次治療、二次治療と行ってさらに病勢増悪してしまった三次治療後なんかは頭を悩ませてしまうケースが多いものです。本研究は、再発性の小細胞肺がん症例に対して行ったナブパクリタキセル単剤治療について後ろ向き解析したものです。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  【第25回】小細胞肺がんの治療選択肢にナブパク?

error in template: found but mtif was expected