メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  痛風ガイドライン、日米で比較

解説 解説

痛風ガイドライン、日米で比較

鳥取大学再生医療学分野教授 久留一郎

 2020年06月05日 14:36
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕今年(2020年)5月、米国リウマチ学会(ACR)は8年ぶりに『痛風管理ガイドライン2020』を改訂した〔Arthritis Care Res 2020; 72: 744-760、関連記事「米国リウマチ学会が『痛風管理GL』を発表」〕。わが国のガイドラインと類似点がある一方、異なる点も散見される。2018年に改訂された『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第3版』(日本痛風・尿酸核酸学会)ガイドライン改訂委員会委員長で鳥取大学再生医療学分野教授の久留一郎氏に、両GLの違いを解説してもらった。(関連記事「日米で異なる痛風ガイドライン、なぜ?」

*昨年、日本痛風・核酸代謝学会から名称を変更

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  痛風ガイドライン、日米で比較

error in template: found but mtif was expected