メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  日米で異なる痛風ガイドライン、なぜ?

解説 解説

日米で異なる痛風ガイドライン、なぜ?

山王メディカルセンター院長 山中寿氏

 2020年06月05日 14:37
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕日本痛風・尿酸核酸学会は2018年12月、『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第3版』を、米国リウマチ学会(ACR)は今年(2020年)5月に『痛風管理ガイドライン』をそれぞれ改訂した。しかし両ガイドライン(GL)で推奨内容に開きがあり、整理を要する。わが国の第2版GL(2010年発刊)の改訂委員会委員長で山王メディカルセンター院長の山中寿氏に、両GLの違いについて診療背景の観点から解説してもらった。(関連記事「痛風ガイドライン、日米で比較」)

*昨年(2019年)、日本痛風・核酸代謝学会から名称を変更

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  日米で異なる痛風ガイドライン、なぜ?

error in template: found but mtif was expected