メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  骨粗鬆症治療薬は今、これが最新動向だ

寄稿 寄稿

骨粗鬆症治療薬は今、これが最新動向だ

東京脳神経センター整形外科・脊椎外科部長 川口浩

 2020年06月22日 11:11
プッシュ通知を受取る

24名の先生が役に立ったと考えています。

 最近、社会のみならずアカデミーの世界もコロナ一色で、他領域の研究スピードが落ちている。骨研究も例外ではなく、目を引くような進捗は見られない。

 米国骨代謝学会(ASBMR)は骨領域の基礎および臨床を扱う世界最大の学会である。本稿では、昨年(2019年)9月19日~23日に米・フロリダ州オーランドで開催されたASBMR 2019(写真)のトピックスを薬剤を中心に概説したい。半年以上が経過したが、それ以降はめぼしい進捗がないので、これが最新の学術研究の成果と考えていただいて問題ない。さらに、現時点までの新薬の開発に関する情報なども添えたので、最新の動向としてお読みいただけると思う。

25657_pho1.jpg

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  骨粗鬆症治療薬は今、これが最新動向だ

error in template: found but mtif was expected