メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  解剖学の視点で新型コロナの生態を見る

インタビュー インタビュー

解剖学の視点で新型コロナの生態を見る

 2020年06月23日 17:43
プッシュ通知を受取る

47名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)では、嗅覚が障害される、消化器症状を有する症例もあるなど意外な特徴が次々と明らかになってきているが、その謎は解明されていない。報告されている知見とこれまでの医学知識を再構築することで、これらの謎を解き明かそうとしている、解剖学者の屋代隆氏(自治医科大学名誉教授/那須看護専門学校学校長/帝京平成大学客員教授)に現時点での考えを語ってもらった。「解剖学者としての、細胞学の視点からの独断的な一考察」としているが、未知の部分が多い新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の生態を理解するヒントを与えてくれそうだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  解剖学の視点で新型コロナの生態を見る

error in template: found but mtif was expected