メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  新薬の実力 »  高K血症改善薬ジルコニウムの実力

新薬の実力 新薬の実力

高K血症改善薬ジルコニウムの実力

既存薬より少量で正常K値を維持

 2020年06月29日 17:50
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 高カリウム(K)血症改善薬のジルコニウムシクロケイ酸(SZC、商品名ロケルマ)が今年(2020年)3月に国内製造販売承認を取得、5月に発売を開始した。東京女子医科大学腎臓内科教授の新田孝作氏は「SZCは非ポリマーのK吸着薬で、既存薬と比べ少ない投与量、投与回数で正常K値を維持でき、副作用も少ない。K値のゆっくりとした上昇が見られる場合や非透析日における不整脈死の予防に有効と考えられる」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  新薬の実力 »  高K血症改善薬ジルコニウムの実力

error in template: found but mtif was expected