メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

ホーム »  連載・特集 »  新薬の実力 »  高K血症改善薬ジルコニウムの実力

新薬の実力 新薬の実力

高K血症改善薬ジルコニウムの実力

既存薬より少量で正常K値を維持

 2020年06月29日 17:50
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 高カリウム(K)血症改善薬のジルコニウムシクロケイ酸(SZC、商品名ロケルマ)が今年(2020年)3月に国内製造販売承認を取得、5月に発売を開始した。東京女子医科大学腎臓内科教授の新田孝作氏は「SZCは非ポリマーのK吸着薬で、既存薬と比べ少ない投与量、投与回数で正常K値を維持でき、副作用も少ない。K値のゆっくりとした上昇が見られる場合や非透析日における不整脈死の予防に有効と考えられる」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  新薬の実力 »  高K血症改善薬ジルコニウムの実力