メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  オンライン診療はコロナの世に咲いた徒花か

インタビュー インタビュー

オンライン診療はコロナの世に咲いた徒花か

柳川貴雄氏に聞く

 2020年06月29日 05:10
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 オンライン診療がにわかに脚光を浴びている。保険適用されたのは2018年4月だが、厳しい規制の下に置かれ、普及は一向に進まなかった。状況が一変したきっかけは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)だ。厚生労働省は今年(2020年)4月、感染防止策の一環としてオンライン診療の規制緩和を断行。医療機関の間でも院内感染防止策として、あるいは患者減少への対策として期待感が高まっている。オンライン診療の隆盛はCOVID-19下の一過性の現象なのか、コロナの世に咲いた徒花なのか―。IoMT学会の理事を務める脳神経外科医で、デジタルヘルス事業を展開する「ドクターズ」の代表取締役社長兼CEOでもある柳川貴雄氏に、オンライン診療の現状と「コロナ後」の展望を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  オンライン診療はコロナの世に咲いた徒花か

error in template: found but mtif was expected