メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  事前のアルテプラーゼなしで非劣性示す

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

事前のアルテプラーゼなしで非劣性示す

大血管閉塞による急性期脳梗塞への血管内血栓回収療法

 2020年06月30日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:EVT前のアルテプラーゼ静注療法のベネフィットとリスクを検討

 発症6時間以内の大血管閉塞(large vessel occlusion;LVO)を原因とする急性期脳梗塞症例のうち、血管内血栓回収療法(endovascular thrombectomy;EVT)/機械的血栓回収療法(mechanical thrombectomy;MT)が適応となる症例ではEVT/MTを行うべきであることが2015年に発表されたランダム化比較試験の結果から示された。この結果を受けて米国心臓協会(AHA)/米国脳卒中協会(ASA)は急性期脳梗塞治療ガイドラインを改訂した。ただし、遺伝子組み換え型組織プラスミノーゲンアクチベータ(recombinant tissue plasminogen activator;rt-PA)であるアルテプラーゼの静注療法が適応となる症例に対しては、同静注療法を施行した上でEVTを行うべきとしている。

 これまで急性虚血性脳卒中では、EVT施行前にアルテプラーゼを静脈内投与するベネフィットとリスクに関する確実なエビデンスがなかった。今回紹介するDIRECT-MT試験は、EVT前にアルテプラーゼ静注療法を行う群と行わない群に分けてベネフィットとリスクが検討された非劣性試験である(N Engl J Med 2020; 382: 1981-1993)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  事前のアルテプラーゼなしで非劣性示す

error in template: found but mtif was expected