メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  新型コロナパンデミック下でのがん診療(3)今後の第二波対策

田中きゅーと先生論文解説 田中きゅーと先生論文解説

新型コロナパンデミック下でのがん診療(3)今後の第二波対策

川崎市立川崎病院呼吸器内科医長 田中 希宇人

 2020年07月01日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。


 川崎市立川崎病院呼吸器内科の田中希宇人と申します。肺がん、喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎などの呼吸器疾患を外来/入院で数多く担当しており、今年に入ってからは、当院では感染症指定病院そして三次救急病院として重症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)も積極的に受け入れている状況です。 本連載ではこれまで肺がん診療の専門家として「がん治療への影響と課題」「臨床での働き方の変化」について考えてきました。今回は現在不安視されている「今後の第二波対策」をテーマに一緒に考えていきたいと思います。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  新型コロナパンデミック下でのがん診療(3)今後の第二波対策

error in template: found but mtif was expected