メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  withコロナのために捨てるべき信仰 »  withコロナのために捨てるべき信仰①正義

withコロナのために捨てるべき信仰 withコロナのために捨てるべき信仰

withコロナのために捨てるべき信仰①正義

東京慈恵会医科大学臨床検査医学講師 越智 小枝

 2020年07月03日 05:00
プッシュ通知を受取る

142名の先生が役に立ったと考えています。

 私は2012年のロンドンオリンピック・パラリンピック前の英国公衆衛生局(PHE)で災害公衆衛生を学び、2011年の福島第一原発事故後の福島県でリスクコミュニケーションの推進に関わった内科医だ。その後、東京都の医科大学で臨床検査医学を専攻したところ、今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックに遭い、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査や抗体検査についての見解を発信してきた。偶然にも災害を追いかける羽目となった私の経験から、今回の短期集中連載『withコロナのために捨てるべき信仰』では、災害時に医療者を含む社会全体が陥りがちな3つの信仰として、①正義②正解③ゼロリスクーについて考察する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  withコロナのために捨てるべき信仰 »  withコロナのために捨てるべき信仰①正義