メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  【第30回】ICI治療中の非小細胞肺がんにおける肝転移は予後不良因子

田中きゅーと先生論文解説 田中きゅーと先生論文解説

【第30回】ICI治療中の非小細胞肺がんにおける肝転移は予後不良因子

川崎市立川崎病院呼吸器内科医長 田中 希宇人 氏

 2020年07月03日 13:15
プッシュ通知を受取る


【論文名】 The Efficacy of Immune Checkpoint Inhibitors in Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer With Liver Metastases

【出典】J Cancer Res Clin Oncol 2020; 146: 777-785

 連載第30回に選んだのは、J Cancer Res Clin Oncol誌から「The Efficacy of Immune Checkpoint Inhibitors in Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer With Liver Metastases」です。肺がんにおいて肝転移は予後不良因子であることが広く知られていますが、免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の効果と肝転移の関係について焦点を当てた論文は数が限られています。今回、東京都立駒込病院呼吸器内科の大熊裕介先生(現:国立がん研究センター中央病院呼吸器内科)、北台留衣先生から肝転移を伴った進行/再発非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対するICIの効果についての解析が報告されましたので勉強してみました。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  【第30回】ICI治療中の非小細胞肺がんにおける肝転移は予後不良因子