メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  慢性疼痛に抗体薬、有効性高いが注意必要

解説 解説

慢性疼痛に抗体薬、有効性高いが注意必要

千葉大学大学院整形外科学教授 大鳥精司

 2020年07月06日 05:10
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕慢性腰痛患者を対象に神経成長因子(NGF)を阻害するモノクローナル抗体tanezumabの有効性と安全性を検討した第Ⅲ相二重盲検プラセボ対象ランダム化比較試験の結果、疼痛と身体機能が有意に改善したとPain(2020年5月19日オンライン版)に発表された。千葉大学大学院整形外科学教授の大鳥精司氏に、今回の試験結果の意義と今後の展望について解説してもらった。(関連記事「慢性腰痛に初のモノクローナル抗体薬」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  慢性疼痛に抗体薬、有効性高いが注意必要