メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  COVID-19時代のコロナウイルス神経疾患

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

COVID-19時代のコロナウイルス神経疾患

 2020年07月16日 05:05
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:COVID-19に合併するコロナウイルスによる神経疾患をレビュー

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の病態が少しずつ解明され、また徐々にではあるが治療法も開発されつつあり、重症例を救命できるようになってきている。COVID-19患者が脳卒中を含む神経疾患を合併すると後遺症が問題になるので、早期発見・早期治療で可能な限り後遺症の軽減を図る必要がある。今回はCOVID-19に合併する神経疾患について、コロナウイルス(CoV)の神経学的症状・病因のレビューと脳梗塞の病態生理を分かりやすい図で示した2件の論文から考えてみたい(JAMA Neurol 2020年5月29日オンライン版Stroke 2020; 51: e124-e127)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  COVID-19時代のコロナウイルス神経疾患