メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  もし、安楽死を望む患者が現れたら

Culture Review みる よむ まなぶ Culture Review みる よむ まなぶ

もし、安楽死を望む患者が現れたら

 2020年07月28日 05:05
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

『だから、もう眠らせてほしい−安楽死と緩和ケアを巡る、私たちの物語』

西智弘著、四六判、1,600円+税、晶文社

 安楽死をめぐる衝撃的な事件が起こり、社会を騒然とさせている。もし、あなたのもとに安楽死を希望する終末期患者が現れたら、あなたは何を語るだろう。本書は緩和ケア医がそうした患者に出会い、逡巡と考察を重ねる物語だ。川崎市立井田病院で腫瘍内科・緩和ケア内科の医長を務める西医師が、実名で登場。安楽死について発言している論客を訪ねて話を聞く。その中で現代日本における安楽死の状況や論争点、さらには患者とのつながりに関わる問題点をあぶり出すという、小説仕立てのノンフィクションである。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  もし、安楽死を望む患者が現れたら

error in template: found but mtif was expected