メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  バロキサビル、将来的には予防投与も

解説 解説

バロキサビル、将来的には予防投与も

リチェルカクリニカ代表取締役 池松秀之

 2020年07月29日 15:35
プッシュ通知を受取る

31名の先生が役に立ったと考えています。

 〔編集部から〕単回投与の抗インフルエンザ薬バロキサビル(商品名ゾフルーザ)は、インフルエンザの家庭内感染予防にも有効であることが第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)によって認められた(N Engl J Med 2020; 383: 309-320)。日本臨床内科医会のインフルエンザ研究班リサーチディレクターでリチェルカクリニカ(福岡市)代表取締役の池松秀之氏に、今回の研究結果について解説してもらった。なお、同氏は今回の筆頭研究者でもある。(関連記事「バロキサビル、インフル"予防"にも有効」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  バロキサビル、将来的には予防投与も

error in template: found but mtif was expected