メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  患者の絶望と向き合う »  第4回:「先生に私の気持ちが分かるんですか?」

患者の絶望と向き合う 患者の絶望と向き合う

第4回:「先生に私の気持ちが分かるんですか?」

がん研究会有明病院 腫瘍精神科 部長 清水 研

 2020年07月30日 05:00
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 あなたはある患者に厳しい病状を告げた。最後まで伝え終わったとき、その患者は涙ぐみ、沈黙した。あなたは重苦しい空気に居心地の悪さを感じ、「悲しいですよね」と言葉をかけた(このような言葉を、本稿では「患者の気持ちを言い当てる言葉」と定義する)。するとその患者はやや憤慨した様子で、「先生に私の気持ちが分かるんですか?」と言った。あなたはなんと答えてよいか分からず、当惑してしまった。患者は言葉を続けた。「私は悲しいんじゃない、悔しいんです。今まで文句を言わずにつらい治療も受けてきたのに、それが無駄だったと思うと、とても悔しい。私の時間を返してほしい」。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  患者の絶望と向き合う »  第4回:「先生に私の気持ちが分かるんですか?」

error in template: found but mtif was expected