メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  新薬の実力 »  睡眠改善薬メラトニンの実力

新薬の実力 新薬の実力

睡眠改善薬メラトニンの実力

小児の神経発達症で初の治療薬

 2020年07月31日 05:10
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 小児の不眠に対して承認された薬物療法はこれまでなかったが、「小児期の神経発達症に伴う入眠困難の改善」を適応としてメラトニン(商品名メラトベル顆粒小児用0.2%)が今年(2020年)3月に製造販売承認を取得し、6月に発売された。瀬川記念小児神経学クリニック(東京都)の福水道郎氏は、同薬について「睡眠障害がある神経発達症の小児に初めて薬物療法が可能になった。有効性は高く、メラトニンはもともと体内に存在するホルモンであるため安全性も高い」と述べている(以下、日本での薬剤名は「メラトベル」、海外での薬剤・サプリメントおよびホルモンを指す場合は「メラトニン」と表記)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  新薬の実力 »  睡眠改善薬メラトニンの実力

error in template: found but mtif was expected