メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  抗体検査の押さえどころ、教えます

ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)

抗体検査の押さえどころ、教えます

 2020年07月31日 18:00
プッシュ通知を受取る

81名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

研究の背景:prevalenceは有病率、seroprevalenceは感染者の累計

 今回は、最近発表された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の抗体検査の論文を取り上げる。抗体検査は各所で行われているが、見るべき「ポイント」がある。押さえどころ、というやつだ。そこを押さえておけば、どの抗体検査関係の論文を読んでも妥当性の高い解釈が可能になるだろう。

Havers FP, Reed C, Lim T, Montgomery JM, Klena JD, Hall AJ, et al. Seroprevalence of Antibodies to SARS-CoV-2 in 10 Sites in the United States, March 23-May 12, 2020. JAMA Intern Med [Internet]. 2020 Jul 21 [cited 2020 Jul 27]; Available from: https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/fullarticle/2768834

 論文タイトルにあるように、抗体検査はseroprevalenceを吟味するため行うのが基本だ。sero-とはserum(血清)のことであり、prevalenceはどのくらいはびこっているか、を表現する名詞だ。通常、医学領域ではprevalenceは「有病率」と和訳し、ある集団、ある瞬間(あるいは期間)において、当該疾患を持った者が何人いるか、を示している。しかし、seroprevalenceは血清中の抗体陽性の頻度を出しており、それはほとんどが「過去の感染」を示している。よって、seroprevalenceは有病率ではない。累積された過去の感染者の総計だ。この点は注意が必要だ。ただし、これはあくまでも「ざっくり」した言い方で、後述するように解釈はちょっとややこしい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

薬のデギュスタシオン2

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  抗体検査の押さえどころ、教えます

error in template: found but mtif was expected