メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  熱中症対策、COVID-19対策の両立を

インタビュー インタビュー

熱中症対策、COVID-19対策の両立を

 2020年08月03日 18:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 梅雨が明けて気温が高くなると熱中症で搬送される人が増えてくる。今年(2020年)の夏は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下でもあり、例年に増して熱中症予防に注意を払う必要がありそうだ。帝京大学救急医学講座教授で同大学病院高度救命救急センター長の三宅康史氏は「この夏は医療機関の負担を減らすために、熱中症にもCOVID-19にもかからないよう、1人1人が徹底した対策を行ってほしい」と呼びかけている。同氏に熱中症とその対策について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  熱中症対策、COVID-19対策の両立を