メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  【前編】スウェーデン式新型コロナ対策の「真実」

寄稿 寄稿

【前編】スウェーデン式新型コロナ対策の「真実」

スウェーデン・カロリンスカ大学病院泌尿器外科 宮川 絢子

 2020年08月05日 05:00
プッシュ通知を受取る

436名の先生が役に立ったと考えています。

 2020年7月21日時点でスウェーデン(人口約1,000万人)における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の死亡者数は5,646人を超え、人口100万人当たりの死亡者数は約560人となった。この数字は日本の70倍以上に上り、世界でも5番目に高い。スウェーデンは他国に追従せず、「ロックダウン(都市封鎖)を行わない」という戦略を取ったこと、世界でもトップレベルの死亡者数を記録したことにより、COVID-19対策は失敗したと批判する論調がほとんどである。スウェーデン語の情報が誤って英文記事に転載され、それがそのまま和訳されて報道されるケースが多いため、「高福祉の国」として知られるスウェーデンは日本でも袋叩きに遭っている。日本語によるスウェーデンの記事の大半が誤った情報を掲載しているのを目にすると、なんとも複雑な思いになる。本稿では、スウェーデンの医療政策とそれを支える国民のコンセンサス(前編)、ロックダウンに踏み切らなかった理由と実態(後編)について論じる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  【前編】スウェーデン式新型コロナ対策の「真実」

error in template: found but mtif was expected