メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  【後編】スウェーデン式新型コロナ対策の「真実」

寄稿 寄稿

【後編】スウェーデン式新型コロナ対策の「真実」

スウェーデン・カロリンスカ大学病院泌尿器外科 宮川 絢子

 2020年08月06日 05:05
プッシュ通知を受取る

392名の先生が役に立ったと考えています。

 今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックにおいて、スウェーデンが選択したのは「長期間持続可能で、医療崩壊を起こさない」という独自の戦略である。他国のようなロックダウン(都市封鎖)を行わない理由について、公衆衛生庁は「ロックダウンによる感染症対策上のエビデンスが確かではないから」と説明した。一方、スウェーデンは世界的に誤解されているが、「集団免疫獲得」を目指したことはないし、人命よりも経済を優先したと揶揄されもするが、決してそれがロックダウンを行わなかった理由ではない。スウェーデン・カロリンスカ大学病院に務める外科医の視点から、後編ではスウェーデンがロックダウンに踏み切らなかった理由と、COVID-19パンデミックにおける実態を紹介する(【前編】スウェーデン式新型コロナ対策の「真実」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  【後編】スウェーデン式新型コロナ対策の「真実」

error in template: found but mtif was expected