メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  新薬の実力 »  不眠症治療薬レンボレキサントの実力

新薬の実力 新薬の実力

不眠症治療薬レンボレキサントの実力

「休薬」見据えた不眠症治療に新たな選択肢

 2020年08月11日 05:05
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 今年(2020年)7月6日、不眠症治療の新たな選択肢として、オレキシン受容体拮抗薬レンボレキサント(商品名デエビゴ)が発売された(「不眠症治療薬レンボレキサント、本日発売」)。日本では海外に比較してベンゾジアゼピン(BZD)系薬の使用が多く、その筋弛緩作用や抗不安作用が健康状態に悪影響を及ぼすのではないかと危惧されていた。2013年には、日本睡眠学会による『睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン −出口を見据えた不眠医療マニュアル−』(以下、GL)が発行され(「睡眠薬の適正使用に向け診療GL本日発行, 減薬・休薬の指針示す」)、ふらつきや転倒のリスクがより少ない非BZD系薬やメラトニン受容体作動薬、オレキシン受容体拮抗薬が薬物治療の主流になりつつある。こうした中、新たに登場したレンボレキサントの実力について、杏林大学保健学部臨床心理学科および精神神経科兼任教授の中島亨氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  新薬の実力 »  不眠症治療薬レンボレキサントの実力

error in template: found but mtif was expected