メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  新薬の実力 »  筋ジストロフィー治療薬ビルトラルセンの実力

新薬の実力 新薬の実力

筋ジストロフィー治療薬ビルトラルセンの実力

核酸医薬が切り開く難病治療の未来

2020年08月13日 10:24

18名の医師が参考になったと回答 

 筋線維の変性・壊死を主な病変として、筋力が徐々に低下する進行性の難病である筋ジストロフィー。さまざまな病型がある中で、最も患者数が多いデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)に対し、今年(2020年)5月、疾患の原因となる遺伝子の働きを抑えることで、筋機能の改善が見込める核酸医薬ビルトラルセン(商...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  連載・特集 »  新薬の実力 »  筋ジストロフィー治療薬ビルトラルセンの実力