メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  【第31回】ALK阻害薬未治療のALK陽性進行非小細胞肺がんに対するブリガチニブ

田中きゅーと先生論文解説 田中きゅーと先生論文解説

【第31回】ALK阻害薬未治療のALK陽性進行非小細胞肺がんに対するブリガチニブ

川崎市立川崎病院呼吸器内科医長 田中 希宇人 氏

 2020年08月17日 06:00
プッシュ通知を受取る


【論文名】Brigatinib Versus Crizotinib in Advanced ALK Inhibitor-Naive ALK-Positive Non-Small Cell Lung Cancer: Second Interim Analysis of the Phase III ALTA-1L Trial

【出典】J Clin Oncol 2020年8月11日オンライン版

 第31回の論文レビューは8月11日付でJ Clin Oncol誌に掲載されました「ALTA-1L試験」についてです。ALK融合遺伝子陽性の未治療進行非小細胞肺がん(NSCLC)に対して、第三世代ALK阻害薬ブリガチニブと第一世代ALK阻害薬クリゾチニブを比較した第Ⅲ相試験の中間解析結果です。

 今年(2020年)に改訂される『肺癌診療ガイドライン2020年版』(日本肺癌学会編)では、ALK阻害薬使用後の二次治療として推奨されると思われるブリガチニブですが、今回はALK阻害薬未治療例のデータです。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  【第31回】ALK阻害薬未治療のALK陽性進行非小細胞肺がんに対するブリガチニブ