メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  【第31回】ALK阻害薬未治療のALK陽性進行非小細胞肺がんに対するブリガチニブ

田中きゅーと先生論文解説 田中きゅーと先生論文解説

【第31回】ALK阻害薬未治療のALK陽性進行非小細胞肺がんに対するブリガチニブ

川崎市立川崎病院呼吸器内科医長 田中 希宇人 氏

 2020年08月17日 06:00
プッシュ通知を受取る


【論文名】Brigatinib Versus Crizotinib in Advanced ALK Inhibitor-Naive ALK-Positive Non-Small Cell Lung Cancer: Second Interim Analysis of the Phase III ALTA-1L Trial

【出典】J Clin Oncol 2020年8月11日オンライン版

 第31回の論文レビューは8月11日付でJ Clin Oncol誌に掲載されました「ALTA-1L試験」についてです。ALK融合遺伝子陽性の未治療進行非小細胞肺がん(NSCLC)に対して、第三世代ALK阻害薬ブリガチニブと第一世代ALK阻害薬クリゾチニブを比較した第Ⅲ相試験の中間解析結果です。

 今年(2020年)に改訂される『肺癌診療ガイドライン2020年版』(日本肺癌学会編)では、ALK阻害薬使用後の二次治療として推奨されると思われるブリガチニブですが、今回はALK阻害薬未治療例のデータです。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

五輪開催批判が一転。積極的報道に

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  【第31回】ALK阻害薬未治療のALK陽性進行非小細胞肺がんに対するブリガチニブ