メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  新型コロナ、過剰な危機意識に危機感

インタビュー インタビュー

新型コロナ、過剰な危機意識に危機感

国際医療福祉大・高橋泰氏「新型コロナ7段階感染モデル」による考察

 2020年08月21日 14:52
プッシュ通知を受取る

246名の先生が役に立ったと考えています。

 連日、国内外でポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査による陽性者の増加が報じられている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。すっかり"危険な疾患"のイメージが定着してしまったが、実際のところ何を根拠に"危険"だと認識されているのか。「新型コロナ7段階感染モデル」を提唱する国際医療福祉大学医療経営管理分野教授の高橋泰氏に、COVID-19をいかに食い止め、いかに備えるべきかを聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  新型コロナ、過剰な危機意識に危機感