メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  アビガンと高尿酸血症

解説 解説

アビガンと高尿酸血症

痛風・尿酸財団理事 鎌谷直之

 2020年08月25日 05:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 ファビピラビル(商品名アビガン)1)が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬として期待されている。臨床的有効性については現在も検証が続いているが、ここではファビピラビルの活性化と不活性化の機序、さらには副作用としての高尿酸血症について解説したい。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  アビガンと高尿酸血症