メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  孤立・孤独は医療の課題だ »  日本人の孤立・孤独とひきこもり 

孤立・孤独は医療の課題だ 孤立・孤独は医療の課題だ

日本人の孤立・孤独とひきこもり 

九州大学病院精神科神経科講師・加藤隆弘氏に聞く

 2020年08月31日 05:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 現代日本の「孤立・孤独」問題といわれて、すぐに思い浮かぶのは「ひきこもり」であろう。学生や社会人が学校や職場に行かなくなり、そのまま何年も自宅にこもってしまう現象である。特に最近は高年齢化が進み、親が80歳代、子が50歳代という、「8050(ハチマルゴーマル)問題」が注目されている。親が要介護状態になって福祉スタッフが家に入り、それでひきこもりの子供の存在が発覚する例も少なくないという。ひきこもりは、日本に固有の「孤立・孤独」か、現代社会に普遍的な現象なのか。それは医療の対象か、社会の病理なのかといった点について、ひきこもりの国際比較に詳しい九州大学病院精神科神経科講師の加藤隆弘氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  孤立・孤独は医療の課題だ »  日本人の孤立・孤独とひきこもり