メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  「喫煙がコロナを重症化への反論」への反論

寄稿 寄稿

「喫煙がコロナを重症化への反論」への反論

道北勤医協旭川北医院院長・日本禁煙学会理事 松崎道幸

 2020年08月31日 12:10
プッシュ通知を受取る

158名の先生が役に立ったと考えています。

 大島明先生(大阪大学大学院環境医学招聘教員)は、今年(2020年)7月6日の寄稿「『喫煙がコロナを重症化』への反論」の中で、最近の疫学調査成績を詳細に紹介され、以下の3点の結論を述べられておられる。

(1)新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染した喫煙者が重症化しやすいかどうかは結論が出ていない

(2)喫煙者ではSARS-CoV-2感染リスクが低下している

(3)紙巻きたばこを加熱式たばこなどの他のニコチン製品にスイッチすることで、ハームリダクションとSARS-CoV-2感染リスク低下という二重の効果が期待できる

 本稿では、大島先生のご意見に対する私の考えを述べさせていただきたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  「喫煙がコロナを重症化への反論」への反論

error in template: found but mtif was expected