メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 香坂俊(循環器) »  ハートチームをめぐる議論

ドクターズアイ 香坂俊(循環器) ドクターズアイ 香坂俊(循環器)

ハートチームをめぐる議論

:求められるのは「客観性」と「再現可能な判断」

慶應義塾大学循環器内科 香坂 俊

2020年09月01日 14:00

24名の医師が参考になったと回答 

背景:そもそもハートチームとは?  循環器の領域では2010年くらいから侵襲的な手技の適応を、ガイドラインで画一的に規定するのではなく、その推奨を土台にして「ハートチーム」で議論して決めるということとなっている。この時期のPCI(経皮的冠動脈インターベンション)やTAVR(経皮的大動脈弁置換)に関す...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

関連タグ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 香坂俊(循環器) »  ハートチームをめぐる議論